海のモン、畑のもん

アクセスカウンタ

zoom RSS 畑のちタケノコ堀り

<<   作成日時 : 2018/04/11 16:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

一昨日は4月一番の冷え込みであった。
朝5時半の気温は5℃。
畑に霜が降りているのでは、と心配した。

途中、すき家で朝定食を食べ、畑に向かう。

心配した霜は降りてなかったが北東風が吹き寒い。
1か月戻ったような寒さだった。

この日の主作業は、カボチャの畝の肥料入れであった。
有機肥料を少々と溶リンをまき耕した。
すぐに終了。

次は、種芋用に埋め込んだ里芋と八つ頭を
芽出しするために掘り出す。
良好な状態の芋を選別する。
切り口?割り口?を乾燥させる。
そして目出しする畝に溝を掘り種芋を並べ、
土を被せビニールマルチを張った。

掘り出した穴に春キャベツの残渣と花が終わった水菜を入れ、
土を戻した。

腰イテ〜

明日のタケノコ堀りは大丈夫か・・・・・・




外は強風なので室内に避難中のカボチャの苗。
何日目なるか・・・・・・・
来週植え付け予定。
画像


ニンジンの芽が出揃った。
画像


ゴボウは、混み合っている所を間引きした。
画像


大根の花。
画像


すが入っているか?
画像


タケノコご飯のいろどり用のセリ。
画像





昨日は朝4時にマコ様を起こし、5時に出発。
起きてから家を出るまでに1時間もかかる。

化粧らしきものをするため、時間がかかってしまう。
しわ隠し?の時間が長くなっていた。

途中コンビニで朝飯を食べ、8時にマコ様のご実家に到着。

すぐに着替えて一人で竹藪に行く。
マコ様の準備を待つと、なかなか行くことができないのである。

今年は生り年のためタケノコがニョキニョキ出ていた。
で、先っちょが緑色じゃあないものを探す。
できれば、白っぽい黄土色。

これはあまり見かけない。
で、黄緑色を掘る。

一本掘って腰イテ〜

背負子を満タンにしてヨイショと担ぐと、足がふらつく。

これを6往復。

下ではマコ様が皮むき。
軽くしてご実家に運ぶためである。



こういったものはなかなか見つからない・・・・・・
掘るのが大変である。
画像


こういったものがたくさんあった。
これは、ダブルで出ていた。
画像

掘り取った。
画像


周りを見渡せば、こんなものや・・・・・・・
画像

こんなものが・・・・・・・
画像





前の会社のK君に送る用に見てくれのいいものを
10本ばかり皮をむかずに確保する。

味噌汁用に小さなものを探し、掘り取る。
これは、先端が緑になっていてもかまわない。

小さなものを探すのに難儀する。
大きく立派なものばかりであった。

味噌汁用を(10〜15cmくらい)十数個掘って撤収。

ご実家での釜茹では4回行った。


茹でたタケノコを18リットルと25リットルのクーラーボックスに
満タンに入れて帰ってきた。


今朝起きたら身体中がイテ〜

午前に先輩と釣りの師匠、昔世話になったペンキ屋さんのところへ
持って行った。

マコ様は厚木のお友達のところに持って行っている。
いまだに帰ってこない。

下の写真は、これから配る分と我が家の分を確保したあと、
これだけ(25リットルクーラーボックス半分近く)残ってしまった。
どうすんの?
画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

畑のちタケノコ堀り 海のモン、畑のもん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる