海のモン、畑のもん

アクセスカウンタ

zoom RSS テニスひじ

<<   作成日時 : 2017/07/11 16:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

右ひじが痛み出してから1か月以上経ち、市販の鎮痛消炎を塗っていたが、
痛みは収まらず逆に強くなり畑仕事にも影響してきたので
医者に行くことにした。

整形外科へ、である。

我が地の整形外科には3か所通ったことがある。
が、どこも混んでいて待たされ、医者も似たり寄ったりであった。
ネットで整形外科を調べてもどこがいいのか分からない。

クチコミを見ても??であった。

しょうがないってんで、単身赴任中に腰(ぎっくり腰の一歩手前)を痛めたとき、
一発で痛みを取ってくれた医者の所へ行くことにした。

ネットでは、どこ行っても治らないとき、この医者に見てもらえと書かれている。

診察券を見て電話する。
ここでちょっとしたもめごとが起きた。

一週間に一度は来いと言う。
が、こちとら遠いので2週間に一度くらいしか行けないと言った。
ガソリン代と高速代が勿体ない。

医者が言うには、わざわざ遠くから来ることはないし、
そっちにも整形外科はあるだろう、と。

石を投げれば整形外科に当たるくらいあるが名医はいない、と言った。
単身赴任で腰を痛めたとき、即直してくれたので電話した、と言ってやった。

名医と即直してくれたという言葉が効いたのか、
最初のうちは一週間に1回来ることができるるならいいと言う。
で、先週の金曜日に行くことに決まった。

我がKカーで行くといったら、Kカーじゃあ疲れるからマコ様の車で行けという。
で、お言葉に甘えてマコ様の車で行くことにした。

圏央道が我が地につながったので、今までより2時間近く早く行ける。

関越道の本庄児玉で降り、単身赴任のときの記憶をもとに整形外科へ向かう。




右から、2種類の消炎剤を混ぜた軟膏、塗りへら、ガーゼ。
これと飲み薬(漢方薬、ビタミンC剤)を処方された。
画像



10分ほど待って呼ばれた。
まずはひじの状態とそれに連動した右肩の痛みの話しをする。

医者はおもむろにひじをつかみ、ツボらしきところを押す。
イテテテテ〜
飛び上がってしまった。

次は右肩。
ここもツボらしきところを2か所押す。
失神するんじゃあないかというくらい痛かった。

医者曰く、肩の痛みはひじからではなく首からきている、と。

ひじと首のレントゲンを撮り、医者の説明を聞く。

ひじは何とか筋?が腫れ上がっていて、今まで見たテニスひじの中で
最大の腫れだと言う。
夜中に痛みで眼が覚めるはずだと言われた。

首は骨が曲がり過ぎているので、枕が合わないのではないかと言う。
二子玉(二子玉川)の高島屋ショッピングセンターに行って
自分に合った枕を作ってもらように、だと。
(ネットで調べたら各地のデパートにこの店がある)

次に、ひじと肩のツボらしきところにチクんと注射。
腰を痛めたときもツボらしきところにチクんとされた。

このチクンの前にツボらしきところを探すため数か所押され、
そのたびに痛くて飛び上がってしまった。

医者自らガーゼに消炎剤を塗り、ひじに巻き付け包帯でぐるぐる巻きし、
ツボらしきところにテニスエルボーサポーターなるもので押さえた。

診察と診療が終了。




昨日横浜に行って買ってきた、ロフテーの枕。
二子玉まで行ってられないので横浜の高島屋に行った。
ここはオーダーではなくセミオーダーであった。
画像

枕の外観。
画像

枕の中は5か所に分かれている。
詰め物を増減して高さを合わせる。
画像


昨日の晩からこの枕を使う。
グッスリ眠れた。
肩が治ればいいのだが・・・・・・

あ、ひじもだ。

今度の金曜日に再び医者に行く。
来週は・・・・・・・


テニスをやらなくても症状が同じなのでテニスひじ。
テニスひじというより畑ひじではないか、と思う。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

テニスひじ 海のモン、畑のもん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる